認知症について

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

 

認知症

認知症、もの忘れについて
認知症には3つのタイプがありますが、最も多いアルツハイマー病に(以下認知症とする)に触れます。

認知症の患者数の増加は今や大きな社会問題になっています。その増加をどのようにしてくいとめればよいか、その対策が考えられています。それには認知症の前段階、これを「軽度認知症障害」といいますが、この時に対処するのが良いといわれています。

軽度認知症害って何?
年相応のもの忘れよりは著しいもの忘れがありますが病的なもの忘れはありません。物事の判断もでき、日常生活にも支障なく過ごすことができます。脳の変化といえば、ここが重要なところですが海馬の萎縮はほとんどみられず、脳の血流低下だけがみられます。

認知症の症状
この病気は「もの忘れ」から始まり、徐々に進行する病気です。もの忘れには「年相応のもの忘れ」と「病的なもの忘れ」があるということです。
知人にばったり出会い、なかなか名前を思い出せなかったりするのは年相応のもの忘れで心配する必要はありません。認知症のもの忘れは、知人に会ったという出来事自体を忘れてしまうのが特徴です。食事したことを忘れる。何度も買物に出かける。人に頼んだことを忘れて繰り返し同じことを頼むなど、出来事自体を忘れ、生活に支障をきたすようになります。さらに進行しますと日付や時間がわからない。場所がわからず徘徊する。妄想するなどの問題行動をおこします。
そして高度に進行が進むと家族の名前も忘れ、介護や施設の入所が必要になり、場合によっては寝たきりにもなります。

認知症の原因
脳の中の「海馬」といわれる部位が萎縮することによって起こります。海馬は記憶の司令塔といわれ、運ばれてきた情報を自在に組み合わせて記憶を作っています。それが萎縮することで、神経細胞の活性が鈍化して記憶できにくくなっているのです。そして、その根本原因に脳、海馬への血流低下があることがわかっています。酸素と栄養が充分に届かなくなっています。

漢方薬
  • 当帰芍薬散
  • 通導散
  • 釣藤散
  • 桂枝茯苓丸
  • 補中益気湯
  • 芎帰調血飲第一加減

Comments are closed.