前立腺肥大症について

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

 

前立腺肥大症

前立腺肥大症について
前立腺は男性だけにあるクルミ大の生殖器官で、膀胱のすぐ下に位置しており、中心に尿道が通っています。加齢に伴って男性ホルモンのバランスが崩れてくると前立腺がしこりのように肥大して尿道を圧迫します。そして排尿障害が起こるようになります。
主な症状
第1期…
「尿が出にくい、勢いが弱い、夜間頻尿」などの症状が見られます。
第2期…
第1期の症状が強くなりさらに尿が出きらず膀胱に残るため 「残尿感」が出てきます。
第3期…
尿量の減少に伴い、排尿時間が長くなり、強くいきまないと尿が出なくなります。「尿閉」が多くなります。
検査と診断
「問診」「触診(直腸診)」「採血」「尿流測定」「超音波検査」などの検査で診断します。
血液検査で調べる「PSA」って何?
「PSA」は前立腺ガンの可能性を調べる腫瘍マーカーとして利用されています。前立腺肥大症の検査では尿トラブルの原因が前立腺ガンの可能性と区別するために、 この「PSA」を検査します。

漢方薬
  • 猪苓湯
  • 五淋散
  • 八味地黄丸
  • 五苓散
  • 大黄牡丹皮湯
  • 補中益気湯
  • 芍薬甘草湯

Comments are closed.