アレルギー性鼻炎について

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

 

アレルギー性鼻炎

体のオーバーリアクションで花粉症が!?

今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は例年より多いようです。

花粉は特別、人に害があるわけではありません。
目・鼻の粘膜についたからといって、くしゃみや鼻水ですぐに排除しなくても良いわけです。放っておいても自然に排出されるでしょう。

花粉症は、体のオーバーリアクション(過剰な反応)によって引き起こされるのです。

私たちの体には免疫機能が備わっており細菌やウイルスなどの異物が侵入すると攻撃し排除するために「抗体」が作られます。

花粉症では、体内に入った花粉が間違って異物として認識され「IgE抗体」を作ってしまいます。
そしてIgE抗体は目や鼻の粘膜にある「肥満細胞」と結合し、次に入ってきた花粉を排除しようとヒスタミンなどの化学伝達物質を放出します。

この化学伝達物質の作用により、くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみ等の花粉症の症状を引き起こしてしまうのです。

花粉症(アレルギー性鼻炎)の症状と漢方薬

この時期、涙、鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどでお困りの方が多いのではないでしょうか。

「鼻水、くしゃみ、鼻づまり」は花粉症(アレルギー性鼻炎)の三大症状で、漢方では「寒証型」と「熱証型」に分けられます。

「寒証型」では、寒い風に当たると症状はひどくなり温まると症状は軽くなります。
鼻の粘膜は白く、透明の鼻水がたらたらと流れます。

「熱証型」では、温かい部屋や布団に入り体が温まると症状が悪化し、冷たい空気を吸うと軽くなります。
鼻の粘膜は赤く腫れ、鼻づまりの症状を強く訴えます。

実際には「寒証型」「熱証型」ときっちり分かれるタイプは少なく、「寒熱混合型」が大半です。

漢方薬では、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)や麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)を基本処方とします。
血行を良くして体内の余分な水分を排泄し、アレルギーの炎症を改善することにより花粉症を治していきます。

近年、花粉症の方の増加は、食生活の欧米化とともに菓子類、清涼飲料水の摂取が増えていることと関係しています。
甘いものの摂取を控えるようにして下さいね

Comments are closed.