めまいについて

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

 

めまい

フワフワするめまい

めまいの種類には大きくわけて
「フワフワするめまい」「立ちくらみ」「回転性めまい」の
3つのタイプがあります。

<フワフワするめまい>

まるで雲の上を歩いているように感じるめまいです。

原因は不安やストレスが多くを占めますが、脳の血管が詰まったり、破裂して起こる場合もあります。
脳の病気によるめまいでは、同時に激しい頭痛、体の片側に出る麻痺、ろれつが回らないなどの症状が出ます。
この場合はすぐに病院で受診するようにして下さい。

不安やストレスが原因で起こるめまいは漢方薬で解消することができます。
不安やストレスは体の免疫力を下げ、生命エネルギーを低下させます。

東日本大震災後、多くの方が「地震酔い」を経験しています。
これも不安から起こるめまいだと言われています。

漢方薬は自律神経のバランスを整え、不安やストレスを受けにくい体へと改善し、めまいを起こさないようにします。

立ちくらみ

立ち上がったときに、クラっとしたり、目の前が暗くなったりするめまいです。
めまいの中でも一番多いタイプです。

原因は脳の血流量が少なくなり、脳貧血を起こしている状態です。

脳貧血を起こす場合、胃内に余分な水分がたまり浮腫を起こしている場合が多いです。
そのために、胃に血液が集中し脳貧血が起こり、立ちくらみや心悸亢進を引き起こします。

漢方薬は、胃内の余分な水分をさばき、脳の血行を良くすることで、立ちくらみや心悸亢進を改善します。

回転性めまい(メニエール病)

自分や周囲がぐるぐる回るように感じるめまいです。

主な病気に、「メニエール病」「突発性難聴」「良性発作性頭位めまい症」「前庭神経炎」があります。

原因は耳の器官が何らかの障害を受け、体の情報が脳に伝わらず、体のバランスが保てなくなり
めまいが起こると言われていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

「メニエール病」では、めまいとともに難聴や耳鳴りが起こります。

音は外耳から入り鼓膜を振動させ、中耳から内耳へと届きます。そして、内耳で音の振動は電気信号へと変わり、脳へ伝わると、音として認識されます。
この経路のどこかが障害を受けると難聴や耳鳴りが起こります。

一方、内耳には体のバランスを保つ三半規管などの器官があります。
これらの器官が障害を受けると、体のバランスが崩れめまいが起こります。

ではなぜ、めまいと同時に難聴や耳鳴りが起こるのでしょうか?
それは外耳~内耳の音の経路と、バランスを保つ器官は隣り合わせにあるからです。
内耳のどこかが障害を受けると影響し合い、めまいとともに難聴や耳鳴りが起こってしまいます。

「メニエール病」は、内耳のリンパ浮腫

漢方では「メニエール病」は、内耳のリンパ浮腫によるもの
と考え、水毒証タイプの方に多く起こります。
体に余分な水が溜まり、むくんで炎症を起こしている状態です。

水毒証は、冷え症の方、水分摂取の多い方、糖分が多い方に多く見受けられます。

水分は、運動をしている時でない限り、喉が渇いたときに飲む程度、夏場は1.5L、春・秋・冬場は0.5~1Lが適量です。

更には、瘀血(体内の古い滞った血液)も見過ごしてはいけません。

漢方薬は、内耳のむくみと炎症をとり、血液のめぐりを良くしてメニエール病を改善します。

また、メニエール病になる方は几帳面の方が多いようです。
気晴らしや手を抜くことも大切です。
そして、十分な睡眠と運動(特に有酸素運動が良い)を心がけて下さい。

めまいには漢方薬がたいへん良く効きます。
お気軽にご相談下さいませ。

Comments are closed.