子宮内膜症について

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

 

子宮内膜症

子宮内膜とは

ベッドとなるもので、厚く・フカフカの高級ベッドであるほど、受精卵は着床・発育しやすくなります。

この子宮内膜が作られるのには主に二つの女性ホルモンの働きによります。
子宮内膜を増殖させ、厚くするエストロゲン、子宮内膜の増殖を止め、フカフカにしていくプロゲステロンです。

妊娠しなかった場合、厚く・フカフカになった子宮内膜は必要ありませんので、膣を通り、血液とともに月経として剥がれ落ちます。

「子宮内膜症」とは、子宮内膜に似た組織(子宮内膜様組織)が子宮以外の部位にできる病気です。

この子宮内膜様組織も、子宮内膜と同様、女性ホルモンの働きにより増殖・肥厚します。
しかし、剥がれ落ちても排出できる場がなく、そこにとどまり、やがて炎症や周囲の臓器との癒着が起こり、月経を重ねるごとに痛みが強くなります。

我慢できない月経痛や月経時以外でも痛むことがあります。
また、骨盤痛、腰痛、性交痛や排便痛が起こることもあります。

子宮内膜症は、子宮内膜を増殖・肥厚するエストロゲンの分泌が盛んな時期(20~30歳代)に好発し、閉経とともに縮小・改善します。

「子宮内膜症」には漢方薬がたいへん良く効きます。
お気軽にご相談下さいませ。

チョコレート嚢胞とは

よく耳にする「チョコレート嚢胞」とは、子宮内膜に似た組織(子宮内膜様組織)が卵巣にできるものです。
卵子の成長や排卵を妨げ、不妊の原因となってしまいます。

また、「子宮腺筋症」というものは、子宮内膜様組織が子宮筋層内(子宮内膜の外側)にできるものです。
激しい月経痛と伴に、月経量が多いのが特徴です。

子宮内膜症やチョコレート嚢胞、子宮腺筋症。
できる場所が違うので、症状が異なりますが、性質は同じですね。

「チョコレート嚢胞」や「子宮腺筋症」には漢方薬がたいへん良く効きます。お気軽にご相談下さいませ。

骨盤内の瘀血(おけつ)について

「子宮筋腫」と「子宮内膜症」の原因は、漢方ではどちらも骨盤内の瘀血(おけつ)と捉えます。

瘀血とは血流障害で、汚れて働きが悪く流れの悪くなった血液のこと。
そして、この瘀血を取り除く漢方薬のことを駆瘀血剤といいます。

「子宮筋腫」や「子宮内膜症」の患者様には、冷え症の寒証タイプと、骨盤内に炎症や熱をもつ熱証タイプがあり、その方の症状や体質に応じて適切な漢方薬、駆瘀血剤を選択することが大切です。

また、疼痛や月経痛、月経過多、子宮内膜症では骨盤内の臓器癒着などの症状が伴いますので、これらの症状に対しても適切な漢方薬を選択していきます。

婦人病では、その原因の多くに瘀血が絡み、その瘀血を取り除く体質改善は漢方が得意とするところです。
「子宮筋腫」や「子宮内膜症」でお困りの方、ぜひお気軽にご相談下さいませ。

Comments are closed.