骨粗鬆症について

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

 

骨粗鬆症

知ってほしい!! カルシウムの大切さ

カルシウムは成人体内に約1~1.2kg存在しています。
その内99%以上は骨にあり、残りは血液と細胞中にあります。

血液中のカルシウム量は骨の約1万分の1、細胞内のカルシウム量は血液のさらに1万分の1で、この細胞内外のカルシウム濃度差が生命活動にとって非常に重要な意味を持っています。

それは、細胞内に微量のカルシウムが入り込むことが信号となって、すべての細胞の働きが調節されているからです。

例えば、筋肉の収縮は、筋肉細胞にカルシウムが入ることにより起こります。
また、ホルモン分泌の調節にもカルシウムは必要です。
カルシウムは生体にとって非常に重要な働きをするものなので、血中濃度は常に一定に保たれています。

成人の1日に必要なカルシウム摂取量は600mg/dayですが、足りていますか?
血液中のカルシウムは常に腎臓から排出されていますので、毎日の食事によって補う必要があるのです。

カルシウム不足が続くと?

摂取量が不足して血液中のカルシウム不足が続くと、副甲状腺ホルモンの働きで、骨を溶かしてカルシウムを補おうとします。
この状態が続くと、血液中のカルシウム量が増え過ぎ、カルシウムパラドックスが起こります。

カルシウムパラドックスとは、大量に溶かされたカルシウムが血液中にあふれ、細胞内に大量に入り込み、細胞の働きを狂わせます。
カルシウム摂取が不足することで様々な病気が起こります。

①骨粗鬆症
カルシウムが骨から血液中へと出ていきますので、骨はスカスカになり骨折しやすくなります。

②動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞
血液中のカルシウムが増え、血管壁に沈着し血管が細く硬くなります。
そのため、心臓が強く押し出さなければ血液が全身にめぐらなくなり、高血圧となります。
また、動脈が細く硬くなることにより、心筋梗塞や脳梗塞は起こりやすくなります。

③カルシウム結石
尿路結石では、腎臓~尿道までの尿の通り道に結石が詰まります。尿路結石のほとんどはシュウ酸とカルシウムの結晶が集まってできたものです。

④糖尿病
膵臓のβ細胞にカルシウムが入ることによりインスリンが分泌されます。
カルシウム不足になるとインスリンの分泌が低下し、血糖値が高いままになります。

以上はほんの一例ですが、カルシウム不足は神経や脳、免疫機能においても悪影響を及ぼします。

成人の1日に必要なカルシウム摂取量は600mg/dayです。
多めに摂っても余分なカルシウムは尿として排泄されます。
加美漢方では、質の良いカルシウムを扱っております。
お気軽にご相談下さいませ。

Comments are closed.