大腸がんについて

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

 

大腸がん

大腸がんは死亡数の多いがん

大腸がんは、「死亡数の多いがん」で女性の1位、男性の3位を占めています。

大腸がんの原因ははっきりと分かっていませんが、食事の欧米化による高脂肪食・食物繊維不足、高齢化、アルコールや肥満が大きく関係していると言われています。

成人では毎日3000~6000個のがん細胞が発生していると言われていますが、体の免疫の働きにより掃除されています。

しかし、生活の不摂生やストレス等で免疫力が低下すると、がん細胞を掃除する力が落ち、がん細胞は分裂、増殖を続け「がん」になってしまうのです。

大腸がんのがん細胞は大腸壁の一番内側である粘膜に発生します。

がんでは自分の内なる免疫力を高めておくことも大切です。
免疫力を高める漢方薬が報告されています。
お気軽にご相談下さいませ。

大腸について

大腸は1.5~2メートルの長さがあります。

食べ物は胃や小腸で消化・吸収され、カスは大腸へと運ばれます。
大腸では水分の吸収が行われ、体の老廃物も便にします。

大腸は小腸から続く右側にある盲腸から始まり、上行結腸、横行結腸、そして左側にある下行結腸、S状結腸、肛門に近い直腸へと続きます。

大腸がんの発症はS状結腸と直腸で全体の6、7割を占めます。

大腸の壁は5層から成ります。
大腸がんは大腸壁の一番内側の層、粘膜に発生しますが、2番目、3番目の層へと外側に向かって広がります。

大腸がんのステージは、がんの深さや転移の有無により、0~Ⅳに分けられます。
ステージ0~Ⅱは転移のない状態です。

大腸がんは早期発見による生存率が高い疾患ですが、早期には自覚症状が少ないため発見が遅れることが多いのです。

漢方には、がん自体の治療に伴う苦痛、だるさや不欲不振などを和らげる働きがあります。

症状

大腸がんの症状には、便秘と下痢を繰り返す、血便が出る、腹・肛門痛などがあります。

患者さんの中には、自宅で排便をしたら血便が出て、病院で検査をしたら大腸がんでした、と言う話をよく聞きます。
また、出血していても痔だと思い、見過ごされているケースも多いです。

出血の仕方は「がん」と「痔」で違いがあります。

「がん」ではポリープやがんからジワジワと常に血が出ており、肛門に近い直腸がんでは、鮮血に近い赤色の血が便の表面に付きます。
しかし、結腸の中でも肛門から遠いほど血液が便に混ざり、見た目では血便を確認することは難しいのです。

「痔」では一度にポタポタと出血し、やがて止まります。

早期発見のため、特に40歳を過ぎれば病院の検査をお勧めします。
そして、毎日の排便を観察する習慣も大切ですね。

がんになると、がんそのものの治療にばかり目が向けられがちですが、治療に伴う苦痛を和らげることもまた大切です。漢方薬をお役立て下さい。

リスクを高めるのは

大腸がんの原因ははっきりと分かっていませんが、大腸がんのリスクを高めるだろうと言われている原因がいくつかあります。

① 便秘
大腸は食物のカスや体の老廃物を便にするところです。
便が長く大腸にとどまっていると、便は腐敗し、有害物質や発ガン物質が腸で作られます。
それらが大腸がんを引き起こす原因になります。ですので、便秘は禁物です。

② 腸内細菌のバランスの乱れ
腸内には善玉菌や悪玉菌などの腸内細菌が存在し、健康な人の腸内は乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が多く存在します。

食生活の不摂生などで腸内の悪玉菌が優位になると、腸内は毒素で満たされ、大腸がんのリスクを高める原因になります。

③ 高脂肪食
脂肪が分解される時、腸内には胆汁酸がたくさん分泌されます。胆汁酸は腸内細菌により代謝されますが、この時、発がん物質が発生すると言われています。また、脂肪は酸化され細胞や遺伝子を傷つけます。

その他、高齢化やアルコール、肥満が原因とも言われています。

がんでは自分の内なる免疫力を高めておくことも大切です。免疫力を高める漢方薬が報告されています。

対策

便秘、腸内細菌のバランスの乱れ、高脂肪食などが大腸がんのリスクを高めるだろうと言われていることを前回お話しました。

日ごろから腸内環境を良くしておくことがとても大切で、そのためには食物繊維の多い、野菜中心の食事を心がけることが必要だと思います。

食物繊維は善玉菌のエサとなるため、善玉菌を増やします。
また、食物繊維は便通を良くし、便(老廃物)の腸内滞留時間を短くし、排便を促します。

そして、さらに大事なことは、腸管の免疫力を高めておくことです。

免疫とは細菌、ウイルスやがん細胞などから体を守る生体防御反応のことですが、腸管には体全体の約70%の免疫機能が集中しているといわれ、腸にできるがん細胞からも体を守っています。

漢方薬は腸内環境を整えます。そして、免疫力にも働きかけます。
お気軽にご相談下さいませ。

Comments are closed.