本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

2017年8月9日 咽喉頭異常感症(2)~東洋医学では~


3世紀、後漢の時代に書かれた
金匱要略(きんきようりゃく)という医書に
「咽中炙臠(いんちゅうしゃらん)」や「梅核気」
という症状が記されています。

これは、咽喉部に炙った肉片がくっついて
いるように感じる。という意味です。
咽中炙臠は現代の咽喉頭異常感症にあたります。

咽喉頭は知覚が過敏なところで、咽中炙臠は、
神経質で敏感な人や更年期の女性に多くみられます。

原因は、精神的ストレスや平滑筋の異常で
食道・噴門部に痙攣が起こり、のどに
違和感や異物感を感じます。

漢方では、「気滞(気が滞った状態)」といい、
漢方薬はこの症状を取るのに大変優れています。

次回は、咽中炙臠によく使われる漢方薬、
半夏厚朴湯についてお話します。
ホームページに来て頂き、ありがとうございます。

Comments are closed.