本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

漢方の豆知識コラム

【不妊でお悩みの方へ】サプリメントと漢方薬の違いについて

不妊症の改善に漢方薬

不妊の悩みを抱えていると、日常生活から体質改善をしていくことがあります。
はっきりとした原因が分からないまま悩み続けている人も多いですが、サプリメントや漢方薬を上手に摂取することで改善につながるというケースも少なくありません。
しかし、サプリメントや漢方薬は種類が様々ありそれぞれ性質が違うのでそれぞれの性質についてきちんと理解する必要があります。

 

焦って解決することはない

結婚してから何年も経つのに子供ができない状況が続くと、次第に焦る気持ちが強くなってしまうものです。
しかし、焦りすぎてしまうとますます不妊症の悩みが強くなり、精神バランスの維持が難しくなってしまいます。
妊娠しやすくなるためには、心身ともに健康でいることがとても大切です。
まずは、どのような原因で不妊症になっているのかを考えるようにしなければなりません。また、女性側が悪いと決めつけてしまう人もいますが、実際には男性側に問題があるケースも少なくありません。
不妊治療は夫婦が支え合うことで、乗り切れるものです。
どちらが悪い、悪くないではなく原因と1つ1つ向き合い、ゆっくり進んでゆきましょう。

 

解決する方法は複数ある

不妊症に対する考え方や捉え方は人それぞれなので、どのくらい悩んだら治療を受けるべきかという明確な決まりはありません。
病院やクリニックなどに通うことも身体への負担になるため、あまり悩んでいないのに通院するのは好ましくないものです。
また、年齢も意識しなければなりません。
若い年代であればスムーズに子供ができる人が多いですが、35歳を過ぎてからの高齢出産を考えている女性の場合、若い頃のようにはいかないことがあります。
本格的な治療をするのは先だとしても原因を知ることもまた、不妊の解決に近づく1歩でもあります。

 

薬の使い方に注意する

女性側に問題がある場合、例えば子宮や卵巣にトラブルがあり適切な対処が求められるケースがあります。
子宮や卵巣に重大なトラブルが隠れている場合は、手術をはじめとした本格的な治療を受けることが欠かせません。
しかし、一般的な不妊症の場合はそこまでの対応は求められず日常生活の改善やサプリメント、漢方薬を飲むことで悩みが改善する可能性もあります。
ただし、やみくもに飲んでしまうと身体に大きな負担がかかることもあるため、何をどのように飲むかは考えなければなりません。
特に、サプリメントと漢方薬との違いについて理解することが大切です。
それぞれ、市販で売られているものを購入できることからも、生活の中に取り入れやすいですが、きちとんとしたものを選ばないと効果を期待することができません。

 

違いをきちんと確認する

様々な薬が発売されているので、安易に飲み始めるのを避けて、どのような成分が配合されているのかを確認することが大切です。
サプリメントというのは、あくまでも健康補助食品という位置づけになっていて、薬とは大きく異なる性質があります。
これに対して漢方薬は、症状の改善が期待でき身体に優しい成分が配合されている薬なので、安心感があるといえます。
適切な薬を得るための1つの方法として、病院やクリニックを受診し自分の身体に適した薬を処方してもらうことがあります。
もう1つの方法は、漢方を専門としている薬局に行き改善したい症状や、不妊治療をしたいことを伝えると、薬剤師が適した漢方を処方してくれます。

おわりに

不妊症に長く悩まされていると、身体的な問題だけでなく精神的な面にも影響が出てしまうことがあります。
余計なストレスが続くことで、ますます不妊症の症状が大きくなる可能性もあるため注意が必要です。
夫婦ともに焦らず向き合うことが大切です。
不妊の症状を改善させる効果が期待できるものとして、サプリメントや漢方薬がありますが、それぞれ性質を知った上での使用を心がけましょう。
特に漢方薬は、身体に優しい成分が入っているのでおすすめです。

 

Comments are closed.