本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

漢方の豆知識コラム

【不妊症】代表的な治療方法や改善方法について

 

不妊症で病院にかかる

近年不妊症で悩むご家庭は多く、今や10組に1組がその問題を抱えていると言われています。
年齢のせいだと諦めている人もいますが、治療だけでなく自分でできる改善方法もあります。生活をする中で少し気を付けるだけでも体の状態は変わります。
これからどのような改善方法があるのか一緒に見ていきましょう。

 

不妊症を改善するための生活習慣

不妊症の治療を開始する前に、自分の生活習慣を見直してみましょう。
女性の卵子の質というのは年齢とともに下がっていきますが、生活を改善するだけでも状態が変わります。
まず、早寝早起きを心がけることをおすすめします。
睡眠を規則正しくとることで成長ホルモンが十分に分泌されます。
仕事などで帰りが遅いという人もいるでしょうが、夜の10時から2時というのは大切な時間ですのでできるだけ寝るようにするのがおすすめです。
食事のバランスにも気を付け、ジャンクフードなどよりも野菜をとる生活が体にもいいです。
また、忘れがちなのが体を温めるということです。
靴下や腹巻などをして、血行が良くなるようにすると手足の冷えが良くなるのが実感できます。
また、体質改善の手助けとして漢方薬を取り入れてみるのも1つの手です。
個人差はありますが漢方薬は不妊症に効く可能性があり、身体に優しい成分で作られているので安心して飲むことができます。
身体の内側からの対策ができるので、外的なものと一緒に取り組めば2重で対策ができます。

 

月経周期を見てみましょう

女性の体は約28日に1度卵巣から卵子が排卵され、精子と出会うことで妊娠します。
不妊症の場合はうまく精子と出会えないので、自分がいつ排卵しているかを確認することが非常に大切です。
確認する方法としては基礎体温を測ることです。
基礎体温を測るとグラフとなって表示されますが、つけ始めた段階ではいつが高温期なのか低温期なのかが分かりにくいのも事実です。
最近は体温計自体にグラフ表示されているものや、アプリなどを活用することで排卵日を教えてくれるものもあります。
タイミングをみることで、より妊娠しやすい時期を知ることが可能になります。
生理不順の場合も、おおよその時期を知る手掛かりになることもあるので諦める必要はありません。
毎朝体温計を口の中で測りますが、慣れればそれほど面倒ではないので継続することが大切です。

 

排卵日が分からないときは

基礎体温を測っても体のリズムが分からないという時もあります。
そのような時におすすめなのが、薬局などで市販されている検査薬です。
尿をかけるだけの手軽な使い方で、最も妊娠しやすい排卵日の1日前であるかどうかを知ることが可能です。
前回の生理日に生理周期を足し、17を引いた日にちあたりから使ってみましょう。
1つだけ使っても反応しないことが多いので、何本かまとめて用意しておくと安心です。
毎朝使ってみたり、反応が薄かった時は朝と夜の2回使ってみたりすることで今の状態を正確に把握できます。
尿は2秒ほどかければきちんと反応するように作られています。
たくさんかけた方がいいのではと思う人もいるようですが、5秒以上では正確な判断ができなくなってしまいます。

卵胞の状態をチェック

卵子になる前の段階を卵胞といいますが、生理が来てもきちんと育っていないことが不妊の原因になってしまうので注意が必要でうす。
検査薬を使ってもなかなか妊娠しない場合は、病院に行ってみるのもひとつの手段です。
抵抗を感じる人も多いですが、卵胞の状態を超音波で調べるなど自宅ではできない検査が可能です。
医師に相談できる環境というのは、それだけで精神的な安定を感じます。
分からないことを聞くチャンスでもありますので、いきなり治療に入らなくても相談や、説明を受けるだけという利用もできます。
体の状態が分かると、それに合った対策をとることができるのも病院のメリットです。
女性だけでなく、男性も一緒に受診して夫婦で向き合いましょう。

おわりに

不妊症で悩んでいるご家庭は、是非男性も女性も生活習慣の見直しをしてみましょう。
夫婦で体質を改善することが大切です。
検査薬を使うことや、病院に行ってみるというのもいい方法です。
相談できる場がなくて困っているという人も多いですが、漢方薬なら体を温めるものもありますし、きちんとお話を聞いてから処方するので自分に合ったものを飲むことができます。

 

Comments are closed.