本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

漢方の豆知識コラム

【月経困難症でお悩みの方へ】ひどい生理痛に漢方が効果的

月経困難症で悩む女性

程度の差こそあれ、毎月の生理の際に痛みを覚える人はたくさんいます。
酷い場合は薬を飲んでも改善せず、起き上がれないなどということさえあります。
そんな生理の度の痛みを緩和することは出来るのでしょうか。

 

月経困難症の主な症状

生理痛と一口に言っても軽いものから重いものまでその症状はさまざまです。
中でも生理が来るたびに寝込まなければならないというような症状は、最早単なる月経痛の域ではなく、月経困難症と呼ばれます。
症状は腰痛や下腹部痛だけに留まらず、頭痛や食欲不振を伴うこともあります。
また、中には痛みのあまり嘔吐してしまうという女性もいます。
月経というものは通常月に一度やってきますが、その度にこのような苦痛に悩まされている女性は決して少ないとは言えません。

生理痛が痛い原因

生理痛が酷くなる主な原因はふたつあります。
ひとつは元々子宮や卵巣に何らかの病気を持っているという場合です。
30代以降の女性に多いと言われるこのケースでは、早めに病院に行き病名を突き止め、医師による適切な治療を行う事で改善を期待することが出来ます。
もうひとつは機能性月経困難症と呼ばれ、これは子宮が未成熟なために月経血を排出させるための通り道が狭いことが痛みの原因となっているものです。
機能性月経困難症は、初潮が始まって年月がそれほど経っていない若年層に特に多くみられる傾向があります。

 

漢方医学から診た月経

月経痛には漢方が効くとも言われていますが、漢方には心身共に健康であるためには気・血・水の3つのバランスが保たれていることが重要であるという考え方があります。

月経痛というのは、血液やその循環に異常があるために起こるとされています。
そこで「お血」と呼ばれる血行不良や血液が不足した「血虚」の状態を解決するために、漢方を用いて血の異常を治していきます。
この「お血」をとることが漢方治療の目的となるわけですが、1剤で血行不良が緩和され、月経時における不快な症状が和らげられたという例も少なくはありません。
お薬を処方する際には、漢方医学に基づいた診療が行われます。
そして痛みの症状のみならず、ひとりひとりの体格及び体質を考慮しながら本人に合った漢方薬が処方されます。

生理痛を和らげる漢方のお薬

漢方薬は自然の植物や鉱物等の生薬が組み合わされて作られた薬で、その効果については長い年月を経て行われた治療の経験によって知ることが出来ます。
服用する人の体質に合った薬が見つかるという大きなメリットが漢方薬にはあります。
長い間悩まされてきた重い生理痛も、漢方を取り入れることで血行を良くし、痛みを和らげることが期待出来るでしょう。
服用する人の体質や薬によっては、効果が現れるまで多少の時間がかかるものもあるかもしれませんが、継続して飲み続けることが効果を引き出すことのカギとなります。
生理痛の薬としては低用量ピルを使用し、排卵を抑制するという方法もありますが、身体にやさしく副作用がない方法として漢方のお薬をおすすめします。

おわりに

毎月生理が近づくと憂鬱になり、生理中は痛みで不快感が拭えないという女性は、是非一度漢方を取り入れてみて下さい。
あの不快な痛みがなくなれば、学業や仕事もはかどり、旅行等の予定を気にすることもありません。
今まで辛い思いをしてきたという人こそ、自分にぴったりのお薬を見つけることでいつも笑っていられる生活を取り戻すことが出来るでしょう。

Comments are closed.