本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

アレルギー性鼻炎と花粉症を漢方で上手に対策

アレルギー性鼻炎と花粉症の対策

アレルギー性鼻炎や花粉症のくしゃみや鼻水などで悩んでいる人もいるでしょう。
これらの症状が酷い場合、普段の生活に影響が出ることも少なくありません。
いろいろな対策をしても治らないという場合、花粉症やアレルギー性鼻炎についてしっかり知っておくことが大切です。

 

アレルギー性鼻炎と花粉症について

アレルギー性鼻炎や花粉症とは、花粉やハウスダスト、ダニなどに対するアレルギー反応です。
春になるとスギやヒノキなどの花粉が飛散するようになりますし、ダニやホコリ、ペットの毛などがアレルゲンになることも多いです。
アレルゲンは日常のあらゆるところに潜んでいるため、鼻炎に悩む人も増えてきています。
調査によると、日本人の3~4人に1人がアレルギー性鼻炎で悩んでいるという結果が出ています。
そのため日本人のほとんどは鼻に関する症状を抱えていると言えるでしょう。
また、最近ではスギ以外の花粉症で悩む人も増えてきています。
鼻炎は薬で治すこともできますが、妊娠を希望されている女性はそういった薬をあまり使わない方が無難です。
月経や排卵、卵胞の発育など卵巣機能に影響が出てしまうこともあるので注意しましょう。

病院での診察

アレルギー性鼻炎や花粉症になってしまった場合、状況によっては病院での診察を検討してみてもよいでしょう。
病院での診察といっても漢方医学の場合、西洋医学とは異なる特徴があると知っておきましょう。
例えば、病院での治療法の一つである薬剤投与が一般的です。
症状にもよりますが、効果が出るのに2週間ほどかかってしまうことが多いです。
さらに薬を飲み続ける事が大切になってきますが、強い薬を飲むとなると眠気などの副作用が出る可能性があります。
注射での治療法もあります。
原因となるアレルゲンを注射し、体を慣らしてアレルギー体質を改善する治療法です。
一般的に完治するまでには長期間の通院が必要になります。
重度なアレルギーで薬が効きづらい方は鼻の粘膜を切除する手術などをするかどうかを悩まれる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、鼻の粘膜を切除したとしてもその効果が出るまでに約1か月かかると言われています。
さらに、その効果が一生もつわけではありません。
人によってはそのシーズンだけしか効果が持続しないこともあります。

 

漢方医学の視点

漢方医学の場合、症状そのものを抑える治療を行うだけでなく、病気になりやすい体質を改善する治療を行うこともあります。
これは鼻炎の治療だけではありませんし、さまざまな病気の治療で行われています。
鼻炎の治療では鼻水やくしゃみなどを治す治療とアレルギー体質を改善する治療が行われることになります。
漢方医学では鼻炎の症状を体内の水分バランスの異常と考えます。
これは必要なところに水分が少なく、特定の部分に水がたくさん溜まっている状態を指しています。

鼻水や涙目などの症状が分かりやすいでしょう。
これらは不要な場所に水分が溜まることで発生する症状です。
鼻づまりについても鼻の粘膜に水分が溜まってしまうことが原因です。
花粉の時期になるとむくんでしまうという人も水分バランスが崩れている証拠です。

 

眠くならない漢方薬で対策

鼻炎になるとアレルギー症状を抑える薬を使うことが多いでしょう。
漢方薬なら初期症状だけでなく、慢性化した症状の改善にも効果を発揮してくれます。
ちなみに、鼻炎といってもさまざまな症状がありますし、その症状に合わせた薬を選ぶことが大切です。
漢方薬では鼻炎に処方されるものがいくつかあるため、その中から最適な薬を選んでいくことができます。
また、漢方薬には眠くなる成分が入っていないこともポイントです。
そのため車の運転をする人や仕事がある人でも安心して飲むことができるでしょう。
花粉症におすすめなのが小青竜湯という漢方薬です。
この薬は水分の循環を促進し、体内から余分な水分を排出するという効果があります。
それによって鼻炎の症状を改善してくれるのです。

おわりに

鼻炎になるとアレルギー症状を抑える薬を使うことが多いでしょう。
漢方薬なら初期症状だけでなく、慢性化した症状の改善にも効果を発揮してくれます。
ちなみに、鼻炎といってもさまざまな症状がありますし、その症状に合わせた薬を選ぶことが大切です。
漢方薬では鼻炎に処方されるものがいくつかあるため、その中から最適な薬を選んでいくことができます。
また、漢方薬には眠くなる成分が入っていないこともポイントです。
そのため車の運転をする人や仕事がある人でも安心して飲むことができるでしょう。
花粉症におすすめなのが小青竜湯という漢方薬です。
この薬は水分の循環を促進し、体内から余分な水分を排出するという効果があります。
それによって鼻炎の症状を改善してくれるのです。

Comments are closed.