本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

漢方の豆知識コラム

その更年期障害の辛さ漢方薬で軽減できます

更年期に漢方薬

いつかは訪れると分かってはいても辛さを感じるのが更年期です。
ただ辛いだけと決めつけてしまっている人も多いですが、どのような更年期を迎えるかは体と心の持ちようで大きく違います。
できるだけ楽に乗り切るための体の整え方を漢方医学から考えます。

 

更年期障害とはどんなもの?

女性の体は更年期に大きく変動するのが特徴で、人生の中でも大きな転換期と言えます。
ただネガティブに捉えるだけではなく、新しい体に生まれ変わる第二の人生のスタートと考えることも可能です。
この時期に女性の体では卵巣の機能が衰え、それに伴い重要な女性ホルモン、エストロゲンが急激に減少することが知られています。
生理前のホルモン変化で体調を崩してしまったり、季節の変わり目に風邪を引きやすくなったりなど、わずかな変化でも敏感に感じ取る繊細な女性の体にとって、更年期の変化はあまりにも激しいものです。
多くの人がその変化についていくことができず、たくさんのトラブルを起こしやすくなってしまいます。
ホットフラッシュや頭痛、動悸に代表されるような様々な症状が現れます。

漢方医学の視点から考える更年期障害

一昔前までは、更年期という概念はあまり広く知られてはいませんでした。
ただ、その時に起こった様々な不定愁訴に対して漢方薬が使用されていたことも知られています。
検査をしても異常がみられないのに、本人は辛い症状を実感している不定愁訴の治療には、漢方薬が使われます。
漢方では独特の考え方とも言える気・血・水から不調を探る特徴があります。
更年期障害を気や血からの不調と捉え、頭痛や肩こりは血の流れが滞る瘀血、めまいや気力・集中力の低下は血が不足する血虚、ほてりや頭痛時などは気の流れに異常が生じる気逆としてこれらを改善する漢方が用いられます。
問診でいろいろなことを尋ねたりお腹や血・脈を診てもらったりすることで、体質や体格などに合わせて様々な薬や療法を組み合わせるのも漢方の特徴です。

 

更年期におすすめの漢方薬

更年期の症状を軽減するのにおすすめの漢方薬としてはまず、加味逍遙散(かみしょうようさん)が挙げられます。
のぼせ感や肩こり・疲れやすさ・精神不安・苛立ちなどの軽減に役立ちます。
温経湯は手足のほてりや唇が渇くなどの症状や不眠によく効きます。
五積散(ごしゃくさん)は、体力が中程度またはやや虚弱で、冷えがある方・頭痛がある方などに効果を発揮する漢方です。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の効き目が期待できる人は比較的体力があり、めまいや頭痛・肩こりのほか、のぼせて足冷えなどがある人です。

温清飲(うんせいいん)は体力が中程度、肌が乾燥して色つやが悪く、のぼせる人におすすめできます。
神経症にも効果がみられます。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)も更年期障害におすすめの漢方の一つです。
体力が虚弱で冷え性・貧血傾向があり、疲れが溜まりやすい人に効き目を発揮します。
むくみや冷え性などにも効くので、そのような症状が現れやすい人に向いています。

 

気分を良くしてくれる飲み物も飲んでみましょう

更年期障害を前向きに乗り越えるためには、気分を良くしてくれる飲み物も利用すべきアイテムです。
のぼせをすっきりさせてくれるミントティーはおすすめです。
はっかは気の流れをすっきりとさせてくれ、イライラを落ち着かせます。
急な発汗やホットフラッシュによるのぼせ・多汗にも効果を発揮します。
ミントの清涼感で気分をリフレッシュできます。
更年期障害では疲れやすさや精神的なバランスを崩すことがあります。
そんな時は薬膳茶で気の巡りを整えるのもおすすめです。

疲れやすさを抑えるためには、ナツメやシナモンも良いです。
ナツメは鉄分や葉酸を豊富に含みますし、シナモンは気の巡りを整えます。
エストロゲンの不足でダメージを受けやすい爪や髪の毛に良いのが、スギナのお茶です。
胞子茎はつくしなどが有名ですがスギナもその胞子茎です。
胞子茎にはケイ酸やミネラルが豊富に含まれています。
粘膜や爪・髪の毛を丈夫にしてくれ、利尿効果や解毒作用もあるためむくみにも効きます。

おわりに

更年期に訪れる更年期障害を辛さや不安の象徴としてではなく、自分を更新する機会と捉えるのは前向きな判断と言えます。
大人の女性としての時間を楽しむタイミングが来たとポジティブに対処すれば、比較的簡単に乗り越えられる気持ちにならないでしょうか。
漢方や気分が良くなる飲み物の力を利用することで、さらに辛さを軽減することも可能です。
自分を否定せず、心を平穏に保つようにして後ろ向きにならないのがうまく乗り越えるコツです。

Comments are closed.