本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

漢方の豆知識コラム

【漢方で治す】慢性的な腰痛は病気の可能性があるかも!

腰痛に漢方薬

マッサージなどに行っても一向に症状が改善しない慢性の腰痛は、病気の可能性もあります。
慢性的に腰が痛い場合には、早めに病院を受診して痛みの原因は何であるのか、どのように治療をするのかなど調べる必要があります。

 

腰痛が起こる原因は?

腰が痛くなる原因として考えられるものは様々です。
そのなかで原因が特定できるのは15%程度とわずかなものです。
原因の代表的なものは、腰椎が直接害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などが考えられ、背骨の骨折など腰椎に異常が生じていることもあります。
また骨に細菌感染があるなど重篤な病気も考えられます。胃潰瘍や消化器系の病気や、尿路結石など泌尿器系に異常があったり、子宮筋腫など婦人科系であったり、循環器系が病気の場合もあります。
レントゲンなどで検査をしても特定できない場合もありますが、その場合には、生活習慣やストレス、不安や不眠などが影響している可能性もあり、神経の障害によって痛みが生じている場合もあり得ます。

慢性的な腰痛時に考えられる病気

慢性になった腰痛は、筋肉の炎症による場合と神経の痛み、心理や社会的要因などが複雑に混ざっている状態です。
腰が慢性的に痛いと、それによって体を動かさなくなったり精神的ストレスが増したり、精神的ストレスが続くことで痛みを抑制する脳のシステムが機能しなくなって神経が過敏になります。
さらに腰が痛く感じられるとますます体を動かさなくなってしまいます。
考えられる病気は、腰に由来する椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症や変形性脊椎症などです。
腰以外に由来する場合には、解離性大動脈瘤などの血管が関係している場合や尿管結石など泌尿器系、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系、胆嚢炎や十二指腸潰瘍などの消化器系、統合失調などの精神疾患や精神的ストレスなどによる心理的なことでの可能性もあります。

 

痛み・しびれのタイプを知る

腰痛がある場合、急いで受診する必要がないケースもありますが、なかには放置すると危険な状態もあり、それを判断する基準のひとつとして痛みやしびれのタイプを知っておくと良いです。
体を動かした時だけ腰が痛い場合には、危険度はありません。
足のしびれによって長く歩けない、お尻や足が痛い、しびれがある等の場合には要注意な状態です。
腰が痛くて背中が曲がってきた場合には、危険と判断し、何もせずにじっとしているだけでも痛いと感じる場合には、危険度大です。
特にじっとしていても痛くなる場合には、重い脊椎の病気や内臓の病気である可能性があります。

背中が曲がってきた場合には、骨粗鬆症によって背骨がつぶれる圧迫骨折の可能性があり、50歳を過ぎて背中が曲がったら要注意です。
お尻や足が痛くしびれる場合や、しびれで歩けない場合には、腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなど神経障害の症状が要因となり、症状の進行により一層の注意が必要です。

 

腰痛におすすめの漢方薬

腰の筋肉や筋膜に炎症が起こるのは、外傷や運動のし過ぎなどの負担を除き、はっきりとは分からないものですが姿勢の悪さやストレス、疲労や冷えなどにより腰の筋肉に負担をかけたことによって痛くなるという考え方がされることもあります。
漢方では体を層と考え体を構成している気や血や水が経絡を通り、体中を巡ることでバランスを保っていると考えます。
寒い日や雨の日は、冷えや湿気で経絡を流れる気や血の巡りが悪くなって滞った部分が痛くなると考えます。
腰痛におすすめの漢方はありますが、症状によって最適な漢方は異なります。
慢性的にしくしく痛い、動かすと痛く休むと楽になる、冷えると痛く手足が冷たいという症状には牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)です。
慢性的に痛む状態が続いたり、雨の日や梅雨時期に痛んだりする場合には疎経活血湯(そけいかっけつとう)を選びます。

おわりに

腰痛には急性のケースや、慢性となる場合もあります。
慢性的な腰痛を治すのはなかなかスムーズにいかないこともあり、場合によっては重篤な病気が隠れている可能性もあるので早めに病院を受診することも必要です。
冷えやストレスなどによって腰痛になることもありますが、そんな場合には漢方で治す方法もあります
冷えなどが原因の場合には、漢方で体調を整えることで治る可能性もあるため一度検討してみましょう。

Comments are closed.