本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

漢方の豆知識コラム

癌治療に効果がある?最新の漢方薬治療事情

錠剤をこれから飲む

癌治療というと外科手術・放射線・化学療法などのような、西洋医学を思い浮かべる方がほとんどです。
これに対して、漢方医学でも症状を緩和させたり体の免疫機構が病気を治癒させたりするのを助けることができることはあまり知られていません。

 

最新の癌治療と漢方薬の担う役割

最近は効果的な医薬品が化学的に合成され、以前よりも高い効果が得られるようになりました。
ただし最新の化学療法を受けると、吐き気・全身の倦怠感・消化器系の症状・抑うつ状態・疼痛などのように、非常に強い副作用が起こるケースが多いです。
漢方薬はそれらの副作用を抑えて患者さんが楽に過ごせるようにし、体の治癒力を高めるという役割を果たします。
漢方医学の力で化学療法などの苦痛を抑える緩和ケアを行うことができ、自然の治癒力を高めることにもつながります。
漢方医学は西洋医学を否定したり対抗したりするような存在ではなく、最新の医療と協調しながら病気を治したり患者さんの負担を軽くするという役割を果たすことができるものなのです。

漢方薬を使えば絶対に癌は治る?

処方された漢方薬を服用すれば癌は治ると思っている方もいるようですが、必ずしも漢方医学だけで病気を完治させることができるとは限りません。
病気そのものの症状を現在よりも悪化させないようにして、痛みなどの苦痛を和らげる目的で処方される漢方薬も多く存在します。
例えば、化学的に合成された医薬品を投与すると、吐き気や倦怠感などのように非常に強い副作用が起こるようになり、服薬を中止しなければならなくなってしまう場合があります。
もしもそれらの副作用を抑えることができれば、薬の服用を中止せずに継続させることができるでしょう。
西洋医学と漢方医学両方の力を借りて苦痛を抑えることで薬を飲み続けて病気を治すという方法もあります。

 

西洋医学の視点でも癌治療に活用される漢方薬

最近は研究が進み、西洋医学の視点で癌が発生することや病気が悪化するメカニズムが判明しています。
最新の研究では、悪性腫瘍の細胞は正常な細胞と比べて熱に弱いことが判明しており、体温を上げたり患部を温めたりすることで化学療法の効果を上げられることが分かっています。
このことに伴って、体を温める働きのある漢方薬を処方することで、化学療法など最新医療の効果を高めるという方法があります。
特に炮附子と呼ばれる漢方薬には、体温を上げる働きがあることが知られています。
また、抗がん剤の副作用である抑うつや体力の低下を防ぐために、補中益気湯(ホチュウエッキトウ)が処方されます。
体温を高めて化学療法を助ける目的で、補中益気湯に炮附子が追加される場合もあります。

 

癌患者さんに知っておいてほしいこと

癌に限らず、世の中には科学的な根拠のない治療方法や医療処置などが存在するので、医療上の選択を行う際は主治医の先生とよく相談して、科学的・医学的なエビデンスをきちんと調べることが大切です。
中には健康食品の一種である栄養補助食品が病気を治すと宣伝されて販売されていることや、効かない薬を高いお金を払って購入して服用し続ける患者さんも少なくありません。
漢方医学を選択する際は、実績のある専門医とよく相談した上で決めることが大切です。
また、漢方医学だけで病気が治るとか、逆に漢方薬を飲んでも全く効かないなどの極端な考え方を避けるべきです。
医療処置を選択する場合には、病気を治すことだけではなくて病気と付き合いながらどのように暮らしていくかを考えるようにしましょう。

おわりに

漢方医学は病気そのものの苦痛を和らげたり、抗がん剤の副作用を緩和させたり体力の低下やストレスを軽減させる目的で用いられています。
病気の治癒力を高め、完治ではなくて病状の悪化を防ぐ目的で漢方医学が用いられるケースもあります。

癌に罹った場合、選択肢として漢方医学を用いる方法も存在するということを知っておくと良いでしょう。

Comments are closed.