本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

漢方治療 アトピー性皮膚炎の原因と対策

肌をかきむしる女性

アトピー性皮膚炎をステロイド剤など西洋医学で治療をしても、一時的に良くなっても慢性化して中々改善しないという場合は多いものです。
西洋医学も必要な事ですが、症状を改善するには表面的な対策だけではなく漢方薬で体内から改善する事も検討する必要があります。

 

アトピー性皮膚炎の実態と原因

アトピー性皮膚炎の原因は解明されていない部分もありますが、皮膚のバリア機能が低下して乾燥する事でダニやホコリ食べ物等のアレルゲンの侵入や、ストレス等の様々な環境的な要因が重なって起こる事が考えられます。
かゆみがあり、湿潤を繰り返す症状等が特徴的です。
原因の一つであるバリア機能の低下は、体質的な要因と、アレルゲンや皮膚に対する外部刺激などの環境要因の二つがあります。
症状は人によって異なる事が多く、また体調や精神的な事も影響する場合があります。
原因が一つだけではなく、いくつもの要因が重なる事で起こる多因子性の病気と言えます。
肌のバリア機能は外からの刺激や外的要因が体内に入り込まないよう、また体内から水分が漏れないように守る大切な機能です。
アトピーの場合にはこのバリア機能が低下しているため、アレルゲンなどが侵入しやすく、侵入した場合には炎症やかゆみなどが発生します。

西洋医学におけるアトピー性皮膚炎への対応

西洋医学での対応は、ステロイド剤や軟膏等の外用薬やかゆみを抑えるための抗アレルギー剤やヒスタミン剤等や、保湿剤等が処方されます。
ステロイド剤を投与する事で、直接炎症を抑える事ができるため、かゆみに対する即効性が期待できます。
体質に問題がない場合には、必要な分量を投与する事で効果が発揮されるため、早い段階でステロイドの量を減らしたり、ステロイドを中止したりする事も可能になります。
虚弱体質の場合には、ステロイドを使っても効果が出にくい場合があったり、投与する量を減らそうとしたりすると逆に悪化してしまう場合があります。
そのため虚弱体質の患者の場合には、ストロイドを長期間使うようになる場合が少なくありません。

 

 

アトピー性皮膚炎 漢方治療の仕組み

漢方薬での治療は、肌の状態を診察して情報を得る事ができるため、いつからどのような状態なのか等を問診して弾力や乾燥の具合などを観察し対処します。
分泌物が出ている場合には、体質的に水分の代謝が悪くなって老廃物が溜まっている事が考えられるほか、水分の巡りが悪い状態になっているため、水分の代謝が悪くなった原因を考える必要があります。
水分の代謝が悪くなったのは、気候の影響や体内の水分代謝の機能低下などが考えられます。
漢方ではそれぞれに対応した薬として、分泌物などがある場合には湿気をとばして乾燥させる薬を処方してもらい、水分代謝の機能低下がみられる場合には、内臓を働かせる力を補う薬などを処方して互いの薬効を高められるようにします。

 

アトピー性皮膚炎には漢方治療がおすすめ

アトピー性皮膚炎の治療には、漢方薬がおすすめです。
ステロイド剤などを使った西洋医学は即効性があるので、炎症やかゆみ、痛み等を抑えるため使う事が必要な場合もありますが、慢性的なアトピー等、目に見える状態を改善する対策だけではなく、体質を改善するよう体の中から治療をする対策も大切な事です。

開始した時は、ステロイド剤など西洋医学も必要になる場合もありますが、同時に漢方薬による体質改善も行って、炎症やかゆみ等日々苦痛に感じる度合いを考慮しながら、徐々にステロイド剤等を減量していくと良いです。
漢方薬は、症状に対処した対症療法と、発症につながる体質的な要因の改善を同時に行っていきます。
西洋医学のステロイド剤等は、即効性があるので高い効果が期待できますが、副作用の心配もあるので長期使用の場合には注意が必要です。
漢方薬に即効性はないものの、根気よく続ける事で、体質改善が可能になり、ステロイド剤を減量する事もできます。

おわりに

アトピー性皮膚炎で西洋医学のステロイド剤等を投与する方法は、即効性があるため慢性的に使われている方も少なくないのではないでしょうか。
ただ、アトピー性皮膚炎の原因には肌のバリア機能の低下やストレス等、様々な要因が考えられ、西洋医学で肌の表面的な部分の対策だけをしても、根本的な改善にならない場合もあり得ます。
漢方薬に即効性はないものの、根気よく続ける事で体の内側からの治療が可能なので、慢性的なアトピーも改善する事が期待できます。

Comments are closed.