本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

お酒を飲み過ぎる人必見!二日酔いに効果的な漢方をご紹介

二日酔いの朝

お酒を飲むことで楽しい気分になれたり、ストレス発散になったりするという人も多いかと思います。
そういったことからついつい飲み過ぎてしまい、翌日に二日酔いを引き起こしてしまう方も少なくないでしょう。
アルコールの過剰摂取により身体の不快感が抜けず、翌日にまで引きずってしまう状態が「二日酔い」です。
辛い二日酔いを解消するための手段に「漢方の服用」があります。
今回は、二日酔いに効果的だとされる漢方についてご紹介していきましょう。

 

辛い二日酔いには漢方がおすすめ

一度にアルコールを大量に摂取すると、気分が悪くなる・頭痛がするといった「悪酔い」の症状を引き起こしてしまうことがあります。
肝臓でアルコールの分解処理が行われますが、分解可能な量を超えてアルコールを摂取し続けてしまうことで「悪酔い」状態となってしまうのです。
分解処理が行われないままでいると、アルコールはやがて「アセトアルデヒド」という有害な原因物質へと変わり、血の流れに乗って身体全体にまわってしまいます。
これを翌日にまでもちこしてしまうことで、「二日酔い」となるのです。
お酒をたくさん飲んだ翌日は、「お酒が身体に残っている感じがする」「顔や足がむくんでいる」「頻繁にのどが渇く」「トイレの回数が普段より少ない」といった辛い症状が出るのではないでしょうか。
有害な原因物質や余分な水分が身体の中に蓄積している状態を「水毒(すいどく)」と言い、これらを身体の外へ排出する必要があるのです。
そのため二日酔いの症状にお悩みの方には、身体の水分代謝を促進させる効果のある「漢方」の服用がおすすめだと言われています。

 

二日酔いに効果的な漢方

二日酔いに効果的だと言われている漢方をいくつかご紹介します。

 

五苓散(ごれいさん)

二日酔いに効果的とされる代表的な漢方と言えば「五苓散(ごれいさん)」です。
漢方では二日酔い時の頭痛・むくみ・めまいなどの症状は、体の中の水分が滞っている状態として捉えられおり、この状態を「水滞(すいたい)」という言葉で表しています。
「お酒を飲んだ翌日に顔が腫れる」「お酒を飲むと腹痛を引き起こす」「トイレの回数が極端に少なくなる」といった水滞状態には五苓散の漢方がおすすめなのです。
五苓散の効果としては、二日酔い・めまい・吐き気・腹痛・むくみ・頭痛などの症状に効果的です。
体質を選ばないうえ、体力のある無しに関わらず使用可能なため、どんな人でも安心して服用することができる優れた漢方です。

 

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

アルコールを摂取すると顔や身体が赤くなったり、熱くなったりするタイプにおすすめなのが「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」という漢方です。
黄連解毒湯は、アルコール摂取による有害物質を消す「解毒剤」のような役割を果たしてくれるため、悪酔い・二日酔い時の対策としてぴったりです。
また二日酔いに加えて、不眠症・神経症・胃炎・動機・更年期障害・皮膚炎・口内炎などの症状にも効果があります。
「炎症を抑える」「熱を冷やす」効果が強いことから、冷え性さんや寒がりの方には少々不向きと言えるでしょう。

 

おわりに

今回は、二日酔いに効果的な漢方についてご紹介しました。
お酒を飲む際には、自分の身体状態を把握したうえで飲む量を調節していかなければなりません。
そうは言っても、時には飲み過ぎてしまうこともあるかと思います。
そのような際にはぜひ漢方を服用してみてください。
当記事では二日酔いに最適な2種類の漢方についてご紹介しましたが、症状によって効き目も少し異なるため、自分の症状に適したものを服用するようにしましょう。

 

Comments are closed.