本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

血の道症とは?主な症状とおすすめの漢方について

血の道症に漢方

「血の道症(ちのみちしょう)」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?
こちらは漢方においては有名な言葉なのですが、皆様はなかなか聞きなれない言葉かと思います。
今回は「血の道症(ちのみちしょう)」について、主な症状とおすすめの漢方も併せてご紹介していきます。

 

「血の道症(ちのみちしょう)」とは?

女性の体を考えた時、ホルモンの存在は欠かすことができません。
女性の体の調子を左右するホルモンと聞いて、「女性ホルモン」が思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
女性特有のホルモンである女性ホルモンは、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2種類のホルモンから成り立っています。
この2種類のバランスが上手く保たれていると、女性の体の調子も好調であることが多いです。
しかし、このホルモンバランスが崩れてしまうと女性の体は不調に陥ります。
代表的なものでは、「月経」「妊娠」「出産」「更年期」といったものが挙げられます。
これらの節目では女性ホルモンのバランスが崩れやすく、頭痛・イライラ・めまい・月経異常などの症状に表れやすくなります。
こういった女性ホルモンのバランスが崩れることで起きる、女性特有の不調のことを漢方では「血の道症(ちのみちしょう)」という呼び方で呼んでいるのです。

 

血の道症の主な症状は?

血の道症の症状として代表的なものをいくつか挙げてみましょう。
不安感・憂鬱感・焦燥感・イライラ・怒りっぽいなどの精神的なものからくる症状。
身体的なものからくる症状には、のぼせ・頭痛・めまい・耳鳴り・肩こり・動悸・息切れ・月経異常・冷え・疲れやすいなどの症状が挙げられます。
上記は症状の一部ですが、こういった症状は多かれ少なかれ女性であれば一度は経験している方が多いのではないでしょうか?

 

血の道症におすすめの漢方は?

血の道症に効果のあるおすすめの漢方を見ていきましょう。

 

加味逍遙散(かみしょうようさん)

「加味逍遙散」は昔から血の道症に頻繁に用いられてきた漢方です。
怒りっぽい・イライラなど気分が変動している際に用いられることが多いです。
「加味逍遙散」は「血」が不足しており、体内に溜まった「気」が熱に変化し、さまざまな症状を引き起こしている際におすすめの漢方なのです。
この「気」を上手く全身に巡らせ、溜まってしまった熱を冷やし、不足した「血」を補うことで女性の体のバランスを整えていきます。
怒りっぽい・イライラに加えて、のぼせや不眠にも効果の高い漢方になります。

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうかん)

「桂枝茯苓丸」は「加味逍遙散」と同じく昔から血の道症に効果的な漢方として知られています。
主に婦人系のお悩み改善におすすめの漢方であるとされています。
体内に滞った「血」の循環を良くして、冷えを内側から無くしていきます。
「桂枝茯苓丸」は下半身の冷えがひどく、シミが生じてしまいやすいなどの症状が見られる方、また月経不順・月経異常・生理痛などの症状に悩まされている方に、とくに効果が高いと言われています。

 

おわりに

今回は「血の道症(ちのみちしょう)」について、主な症状とおすすめの漢方も併せてご紹介しました。
「血の道症(ちのみちしょう)」は女性ホルモンのバランスが崩れることによって生じる、女性特有の不調のことを指します。
主な症状としては「不安感・憂鬱感・焦燥感・イライラ・怒りっぽい」などの精神的なものから、「のぼせ・頭痛・めまい・耳鳴り・肩こり・動悸・息切れ・月経異常・冷え・疲れやすい」といった身体的な症状などがあります。
つらい「血の道症(ちのみちしょう)」は漢方で改善させることができます。
ご紹介した2種類の漢方を服用して、不調を改善してみてくださいね。

 

Comments are closed.

漢方薬・自然薬についてのご相談はこちら