本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

2012年6月14日 不眠症(3) ~大切な朝の太陽光~

 

1日は24時間ですが、私たちの体内時計は1日25時間です。
朝、太陽光を浴びることで、24時間のリズムに調節され
夜に自然と眠気が起こります。

 

規則正しい生活を送っていると、夜の9時くらいから
睡眠のためのホルモン「メラトニン」が分泌され
眠気が起こり、深夜2時には分泌量が最大となります。
( メラトニンの分泌は、朝、太陽光を浴びてから
約15時間後に始まると言われています。)

 

そして、朝、太陽光をたっぷり浴びると
「メラトニン」の分泌が抑えられ、代わりに
脳を覚醒させるホルモン「セロトニン」が分泌され
すっきりと目覚めることができます。

 

不眠でお悩みの方へ
規則正しい生活を送り、朝の散歩でたっぷり
太陽光を浴びてみて下さい。
散歩の時間がない時はベランダで数分間
朝の太陽光を浴びながらストレッチするのもお勧めです。

 

次回は「ぐっすり眠るために」のお話です。
不眠症には漢方薬が大変よく効きます。お気軽にご相談下さいませ。

ホームページに来て頂き、ありがとうございます。

 

Comments are closed.