本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

2012年7月21日 自己免疫疾患 ~甲状腺機能異常(1)~

 
咽喉(のど)が大きく腫れる病気に
甲状腺異常があります。
甲状腺は蝶の形をして、首ののど仏の下にあり、
そこから出るホルモンは全身の新陳代謝を
活発にして、心身の活動を保つのに
とても大切なホルモンです。

 
このホルモンに異常を起こす病気があります。
甲状腺機能が亢進する病気で、
その原因で最も多いのが「バセドウ病」、
逆に、甲状腺機能が低下する病気に「橋本病」があります。

 
どちらの症状も、のどが腫れるのが特徴で、
自己免疫疾患と呼ばれます。
免疫力が低下することで自己(味方)と非自己(敵)の
見分けができなくなり、自己である自分の組織や
細胞を攻撃する自己抗体を作ってしまう病気です。

 
「バセドウ病」は20~40代の女性に多く、
のどの腫れは軟らかいのが特徴です。
甲状腺は普通は15g程度ですが、
30~100gにまで大きくなります。

 
「橋本病」は中年女性に多く見られます。
のどの腫れはゴツゴツとして硬く、
左右が均等でないのが特徴です。

 
バセドウ病も橋本病も漢方では大変得意とする病気です。
お気軽にご相談下さいませ。
次回は「バセドウ病」について詳しくお話します。
ホームページに来て頂き、ありがとうございます。

Comments are closed.