本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

2012年8月10日 自己免疫疾患 ~甲状腺機能異常(橋本病)(4)~

 
「橋本病」では甲状腺機能が低下して、ホルモンが
不足して新陳代謝が低下すると、活力が落ち
無気力になります。

 
疲労、だるさ、うつ状態で低体温となり、
寒さに弱くなります。
特に顔がむくみやすく、体重が増加します。
また、生理不順となり、無排卵や経血量が増えたりします。

 
西洋医学の検査では自己免疫疾患の特徴である、
甲状腺ミクロソームやサイログロブリンに対する
自己抗体を作ります。
そしてTSHは上昇して、甲状腺ホルモン(T3、特にT4)は
低下します。

 
橋本病と診断されても、その時点で9割の方には
ホルモンの低下は見られませんが、
将来に低下する可能性が高い病気です。

 
西洋治療では不足した甲状腺ホルモンを
薬で補う方法が中心となります。
また、日ごろの生活では「ヨード」を、
昆布やひじきなど海藻を控えるようにします。

 
さて、漢方では「橋本病」の病態を
「陽虚」と「寒証型の瘀血」と捉えます。
その内容は次回にお話します。

バセドウ病も橋本病も漢方では大変得意とする病気です。
お気軽にご相談下さいませ。
ホームページに来て頂き、ありがとうございます。

Comments are closed.