本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

2013年5月1日 便秘症(3)


<腸内環境を便でチェック!!>
 
腸内の健康度は便の色で分かります。
 
結論を言いますと、
 
黄色味が少しかかった黄褐色の便だと
善玉菌の多い健康な腸内。
 
茶褐色~黒褐色の便だと
悪玉菌の多い腐敗の進んだ不健康な腸内です。
 
便の色は主に、黄色の胆汁色素(ビリルビン)
によってつけられます。
肝臓で作られた黄色の胆汁色素は胆のうに蓄えられ
十二指腸に分泌されますが、食べ物と合わさり
小腸から大腸に下がって行くにつれ
腸内の酸度により色が変化します。
 
つまり、善玉菌の多い酸性の腸内環境ですと、黄褐色に。
悪玉菌の多いアルカリ性の腸内環境ですと
茶褐色~黒褐色に変わります。
 
色が変わった胆汁色素が便の色に反映されますので
便の色をチェックすることにより、腸内に善玉菌が多いのか
悪玉菌が多いのかを判断することができるのです。
 
便をチェックする習慣を付けて、色が悪くなってきたら
食生活を見直す必要があるかも知れませんね。
 
次回は便秘のお話です。便秘は食事の影響が大きいです。
便秘症には漢方薬がたいへん良く効きます。
お気軽にご相談下さいませ。
 
ホームページに来て頂き、ありがとうございます。  

Comments are closed.