本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

2013年5月20日 月経前症候群(PMS)(2)


女性の体は約一ケ月ごとに
妊娠するための準備をしています。
 
生理が始まって、次の生理までを1周期と数えます。
1周期は月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の
4期に分けられます。
 
月経期~排卵期の間はエストロゲンと呼ばれる
女性ホルモンの分泌が盛んになり、1個の卵胞を成熟させ、
卵子を排卵できるまでに育てます。
黄体期はプロゲステロンと呼ばれる
女性ホルモンの分泌が盛んになり、子宮内膜をやわらかく
フカフカにして、受精卵が着床・発育しやすい環境を整えます。
 
月経前症候群が現れる月経前の3~10日は、
プロゲステロンの分泌が盛んな時期です。
プロゲステロンは子宮内膜をフカフカにするために、
体に塩分や水分を貯めようとするので、
むくみや乳房の脹れ、めまいなどが起こりやすくなります。
 
また、この時期はホルモンのバランスが崩れやすく、
イライラや不安感が起こりやすくなります。
 
このように女性の体はホルモンの影響を受けやすく、
またそうであるからこそ、女性には胎児をはぐくみ、
出産することができるのです。
 
1ヶ月の内に起こる心身の変化と
上手に付き合っていくことが大切です。
漢方薬はバランスの崩れた体を正し、
私達の生活をサポートしてくれます。
次回は瘀血のお話です。
 
月経前症候群には漢方薬がたいへん良く効きます。
お気軽にご相談下さいませ。
 
ホームページに来て頂き、ありがとうございます。

Comments are closed.