本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄
  • 漢方豆知識
  • 機能性ディスペプシア
  • 胃炎・慢性胃炎

2013年8月26日 歯周病(1)


歯周病は歯科疾患のなかで、唯一、
生活習慣病とされています。

飲食をして、歯と歯肉の境目に「食べカス」がたまると
虫歯菌や歯周病菌がそれを餌にして増殖し
歯肉に炎症や出血を起こします。

炎症が歯肉にとどまっている場合は「歯肉炎」とよばれ、
毎日の歯磨きによって、歯の表面についたプラーク
(虫歯菌や歯周病菌の集まり)を確実に落とすことで
健康な状態に戻すことができます。

歯肉炎が進行すると、歯の土台となる歯槽骨にまで
炎症が及び「歯周炎」を起こします。
そして徐々に歯槽骨が溶けはじめ、歯と歯肉の間が深まり、
プラークや歯石(※)がたまりやすくなります。
歯槽骨の溶解が進むと、歯がぐらつき、
最終的には抜けてしまいます。
この様な状態を歯周病と言います。

※歯石とは、歯に付着したプラークが
唾液の成分などを吸収して石灰化したものです。
歯石は歯磨きでは取り除くことが難しく、
凸凹としてプラークが付着しやすいため、
さらに歯周病を悪化させ、悪循環を起こします。

次回は、漢方医学から見た歯周病の原因をご説明します。
歯周病は漢方・自然薬がたいへん良く効きます。
お気軽にご相談下さいませ。

ホームページに来て頂き、有難うございます。

Comments are closed.

漢方薬・自然薬についてのご相談はこちら