本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

2014年10月21日 腸のお話(2)~腸の働きと腸内細菌~


それでは腸の働きとその働きに欠かせない
腸内細菌のお話を致します。

腸の主な働きは
①食べ物の消化・吸収を行う。②免疫を担う。ことです。

腸には100種100兆の腸内細菌が存在し、
①②にとても重要な働きをします。

①食べ物の消化・吸収を行う
食べ物は小さな分子に消化され、吸収されることで
初めて体の栄養となりますが、消化不良の大きな
分子のままだと吸収されても栄養にならず、
逆に異物となりアレルギーの原因となることがあります。

腸内細菌は、消化されず残った残留物に
分解酵素を分泌し、消化を助けているのです。
また、農薬なども分解、解毒しています。

②免疫を担う
免疫とは体の防御反応のことです。
外から悪いものが侵入してくると戦う力や、
病気から回復させる力です。

小腸には免疫細胞の60~70%が集中していて、
腸管免疫は免疫系最大の場所なのです。

腸内に善玉菌のお花畑が広がっている場合は、
IgA抗体が産生され免疫機能が働きますが、
悪玉菌が多い場合はアレルギーに対して過剰に反応し、
IgE抗体が産生されます。
この腸管免疫の主役は乳酸菌です。

次回は乳酸菌のお話です。
ホームページに来て頂き有難うございます。

Comments are closed.