本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

2015年2月16日 漢方薬で健康な血管づくりを(3)


内臓脂肪は余分な糖や脂質、主に中性脂肪をため、
血液中の脂質が増加するのを防ぎます。
しかし、内臓脂肪にも容量があります。
容量以上の余分な糖や脂質は、血液中に増え、
血管を障害します。

内臓脂肪の状態は「BMI」で確認できます。
「BMI」=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
で算出します。

BMIが25以上の場合は肥満とされ、
内臓脂肪が蓄積していると判断されます。

また、肝機能の状態を示す値(AST、ALT、γ-GT)でも
血管の状態が分かります。

中性脂肪は肝臓にも蓄積しやすく、
蓄積した状態を脂肪肝といいます。
脂肪肝があると、肝細胞が壊れやすくなるため、
肝臓の数値が高くなります。
脂肪肝が起きているときには、血液中の脂質が
過剰になっているため、それが血管を障害します。

第1段階である血管の障害が少しずつ始まっている状態
(内臓脂肪や脂肪肝の状態)で気づき、ケアすることで
健康な血管を取り戻せます。
次回は当店での改善方法をお話します。

ホームページに来て頂き、有難うございます。

Comments are closed.