本格的な漢方に徹する【加美漢方薬局】~漢方専門40余年、多種多様なご相談にもいろいろなアドバイスができます。

漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。漢方専門三十余年。患者さま一人一人に合わせた調合薬。

 

  • トップページ
  • ご相談フォーム

読み方で調べる

  • 糖尿病
  • 牛黄

漢方の豆知識コラム

不妊症に漢方薬が効果ある理由

不妊症に悩む女性

 

不妊症の根本原因は「冷え」「瘀血」「気滞(ストレス)」

漢方では不妊症の根本原因を主に3つ、「冷え」「瘀血」「気滞(ストレス)」として病態把握しています。
これらが自然治癒力を発揮できないように阻害しているのです。
これらの原因を最適な漢方薬で取り除くと、自然治癒力は目覚め、グングンと無限の力を出しはじめる。
そうして潜在する偉大な妊娠力が発揮できるようになるのです。
漢方医学のすばらしさは不妊の根本原因を究明し、そしてその原因を取り除き、不妊症を根本から改善する生薬や漢方薬群が確立されているということです。
それでは、不妊の3つの原因、「冷え」「瘀血」「気滞(ストレス)」をとおして、漢方ではどのようにして不妊症を改善するのかを簡単に述べてみます。

 

妊娠には卵子を温める力が必要です

「冷え」が不妊症に問題なのは「卵子を温める」ことができないからです。親鳥が卵を温めて雛にかえすように、卵子が妊娠に至るには卵子を温める力が体に必要なのです。
冷えは漢方では「寒証」という病気に分類され、冷えるのが体の外側か内側かによって漢方薬も異なります。
外側の冷えは水太りの人がなりやすく、手足が冷える、痛む、頭痛、肩こり、腰痛などの症状を訴えます。
内側は虚弱体質(気虚)の人がなりやすく、胃腸が冷え、腹痛、下痢などをよく起こします。
実際には両方ある人が多く、最適な祛寒剤(冷えを取り除く漢方薬)を2つ合わせ飲むことがほとんどです。
すると体の内も外もポカポカと温かくなり、卵子を温める力がつき、子宝に恵まれる方は多くおられます。
祛寒剤は大変優秀で抜群の効果があり、漢方の得意とするところです。

 

瘀血をとれば細胞のひとつひとつが蘇る

「瘀血」は血行不良の元凶です。
不妊症のほとんどの人に瘀血があるといっても過言ではありません。
子宮筋腫や子宮内膜症、月経困難症なども瘀血が原因です。
瘀血とは汚れて働きが悪く流れの悪い血液のことですが、これが血流障害をひき起こします。
血流障害は不妊の一番の原因です。
駆瘀血剤(瘀血を取り除く漢方薬)により瘀血が取り除かれ、酸素と栄養に富んだ温かい血液が全身を巡りはじめると、細胞のひとつひとつが蘇ります。
知っていますか? 妊娠の主役、卵子も一つの細胞なのです。
そうして妊娠に活躍する臓器、卵巣、子宮、脳が目覚め活性化し、妊娠できる体へと変化することができるのです。
実際に何年も妊娠できなかった人が漢方で瘀血をとることで、短期間で子宝に恵まれたという例は多くあります。
それくらいに不妊症の改善に瘀血は重要なのです。
ぜひ漢方で瘀血を取ってください。
必ずや一条の光明を見出していただけるにちがいありません。

 

知っていますか、ストレスが瘀血や冷えをひき起こすことを

「気滞」は漢方でストレスのことをいいます。
ストレスが冷えや瘀血をひき起こすことは知っていますか? 
また卵子はナイーブで傷つきやすいのです。
なぜストレスを気滞というのか? 
気である生命エネルギーは目には見えませんが、人体をくまなく巡り、肉体や血液を動かしています。
人体が機能し、生命のリズムを刻むのは気があるからです。
気滞とは文字どおり生命エネルギーの循環が滞ること。
気が滞れば血液の流れも滞ります。
その結果、瘀血や冷えが生じることになるのです。
先に述べたとおり瘀血や冷えは不妊症の重大な原因です。
ストレスがその引き金となるのです。
だから不妊症の人にとってストレスは見過ごせない大きな問題です。
しかも困ったことに現代はストレス社会、不妊症のひとの多くにもストレスが見られます。
気滞を取り除き、気を巡らせる漢方薬のことを理気剤といいます。
症状により優れたものが沢山あります。
それにより生命エネルギーが流れはじめると、落ち込んだ気持ちが向上し、気が晴れるようになります。
それと同時にストレスが取れ、血液も流れ出すのです。
気功にもこれと似た効果があります。
不妊症の人に気滞を取る理気薬は欠かすことができません。

 

不妊症の3つの原因を同時に取り去ることが漢方薬を効かせるコツ!

不妊症の原因である「冷え」、「瘀血」、「気滞(ストレス)」を順番に述べてきましたが、実際の治療ではほとんどの人がこの3つを併存しています。
もちろんその人により、その割合や症状はさまざまですので、その人に合った最適な漢方薬を選ぶことは大切です。
その上で3つの原因をそれぞれに取り除く漢方薬を同時に合わせることが漢方薬を効かせるコツといえます。
そうすることで妊娠力を高め、赤ちゃんのできにくい体を妊娠できる体に変えることができるのです。
自然妊娠を望まれる方、漢方薬を飲まれ、ぜひ元気な赤ちゃんを授かってください。
クリニックで体外受精をされている方は、それを成功させるために、ぜひ漢方薬をお役立てください。
なぜなら卵子を採取するのに十分に発育した質の良い卵子が必要です。
また受精卵(胚盤胞)を移植するのに厚くふかふかの子宮内膜と受精卵を温める力も欠かすことができません。

さらにストレスはその成功の妨げになります。

漢方の力で卵子を若返らせよう!

最後に、不妊症の治療に漢方だけが貢献できる優れた働きがあります。
それは「卵子の若返り」です。
漢方の五臓の中のひとつ「腎」は人間の生命現象の活力の源、といわれるくらい重要な臓器です。
なかでも生殖活動は腎が担い、つまり妊娠、出産の能力も腎の働きによります。
腎は精を蓄えるところ。漢方薬には腎を補い、腎の精気を強くすることで、卵巣、子宮に活力を与え、卵子を若返らせることができます。
不妊症の方に漢方のこの力も、ぜひ役立てていただきたいと思います。

Comments are closed.